40代になって思い出す、中学という思春期真っ只中のワキガ体験

MENU

40代になって思い出す、中学という思春期真っ只中のワキガ体験

現在、47歳の男性です。今こそ家に風呂があり、温度設定ができてお湯が自由に使えていますが、私の中学生の時はそうではなかったです。

 

もともと家が貧乏ななため、家風呂がなかったのです。毎日、銭湯へ行けるお金があればよいですが、僕を含めて5人家族でくらしていたのでお金が馬鹿になりません。
当時でも家族が5人、一度に銭湯を行くと1800円くらいになったため、そうそう毎日はいけませんでした。

 

今ではありえないですが、2日に1回しかお風呂に入れませんでした。

 

中学生の時なんかは部活動をしていましたので、汗を大量にかき、若いので新陳代謝も良かっただろうから今より以上に汗をかいていたかもしれません。

 

この時ばかりは家風呂がある人を羨ましく思いました。それが原因かもしれませんが、中学の時は、クラスメイトから「お前はわきが臭い。」と何度も言われたことがあります。

 

わきが臭いのは2日1回しか風呂に入ってないせいだ等と当時の僕は変なプライドを持っていたため、口に出しては言えなかったですね。

 

 

>>中学・高校生のワキガ対策トップへ