脇の下の黄ばみが気になり、手をあげられなかった中学時代

MENU

脇の下の黄ばみが気になり、手をあげられなかった中学時代

同じクラスにわきがと噂されている子がいました。男子でしたが、彼は気にしている様子はありませんでした。

 

中学生は多感な時期ですし、コソコソ話をされているとだいたい感づくと思うのですが、彼がデオドラントを使っている気配や臭いが変わることはありませんでした。

 

彼の体操服の脇の部分が黄色くなっているのをみては心のうちでどうにかしたらいいのになと思っていました。でも私も例外ではなく脇の部分が黄色くなっていることに気づき、わきがなのかもしれないと思うようになりました。

 

彼の臭いとは違うものの、わたしの脇の臭いも一般的にわきがのにおいと表されている臭いに当てはまっていました。わたしが彼に同情心のようなものを抱くのは自分自身がどこかで自覚していたからなんだ!とそのとき気づきました。

 

中学の頃は、授業中体操服で過ごすことも多く、手を挙げて発言する授業が苦痛でした。

 

臭いというよりも視覚的な方の脇の下の黄ばみが気になったからです。そしてクラスの中の派手なタイプの子たちが、そうゆうのをよく見ているんですよね。

 

わたしが中学生のころは、いまよりネットを使える環境ではなかったし、狭いカテゴリーの中でわきがのケアをするのは本当に大変でした。

 

>>中学・高校生のワキガ対策トップへ